まいさいぱくちー

日本で就職→仕事辞めてフィリピンで英語の勉強→オーストラリアでワーキングホリデー→タイで現地就職(←いまここ)

こんな僕でもワーホリに行けた

      2014/10/19

こんにちは。

今回のタイトル、見覚えありませんか?そうです。家入一真さんの著書『こんな僕でも社長になれた』のパクリです笑。

今回、なぜこのような記事を書こうかと思ったかというと、ワーホリとか、海外留学って限られた人が行くものって考える人が多いと思ったからです。「英語が上手くなきゃいけない」とか「現状の生活を変えたくない」とか、単純に「勇気がない」とか。踏ん切りが着かない人ってたくさんいると思います。

かく言う僕は、高校時代にタイに留学したり、大学時代はバックパック背負って旅をしてみたり、社会人になってからも海外旅行にはちょくちょく行っており、周囲からは「いろんなところに行ってて羨ましい」とか「一人で海外なんてたくましいね」とか、羨望の眼差しを向けられることも多々ありました。

しかし、言っておきたい。僕はめちゃくちゃメンタルが弱く、人一倍チキン野郎です(チキンファクトリーで働くことになったのは偶然ではないかもしれない笑。)人には言えない、かなーり暗黒時代もあったのですが、ここはいっちょ、ダメダメな自分をさらけ出してしまい、今ワーホリや海外留学に行こうか悩んでいる方のお力になれればと思います。

メンタルの基礎、幼少期

a1150_000008
僕は双子の兄貴です。小さいときから双子の弟と比較されることもあり、常々「人からどう見られているのか」そんなことばかりを意識して来ました。人に好かれるためには、モテるためには、褒められるためには…。こんなことばっかり考える生活って、精神的にめちゃくちゃ不健康だなって今では思えますが、この性格の根本は治ることはなく、周囲の評価や世間体ばかりを気にする小さい人間です。会社を辞めたときに一番気にしたことは、生活の不安ではなく、「ニート」という肩書きへの恐怖でした。

人生の転機、高校時代

a1180_012521
先生の薦めで、僕は広島県でも有数の公立進学校に入学しました。周囲は入学して早々、大学進学の事を意識しているし、教師も多くの生徒を有名大学に進学させようと心を砕いていた、そんな学校でした。「偏差値の高い大学に行くやつが勝ち組で、人生の成功者だ」みたいな雰囲気があり、将来のことなんてわからない僕には勉強する意味や意義がどうもわからず、ついには精神的にやられていきました。別にいじめられていたわけでもないですし、部活の仲間やクラスメイトたちとも上手くやっていたのですが、学校に続く坂道の途中で胃が痛くなったり、数学の時間になるとお腹が痛くなって保健室でサボることも何度かありました。高校生にして胃カメラまで飲みました。

そんな様子を見かねたのか、父親から「留学に興味ないか?」と声をかけられたのです。僕は家族で何度か海外旅行に行ったこともあり、そのときに、「将来はツアーコンダクターになりたい」と言っていたのを思い出したのかもしれません。学校の先生には猛反対されましたし、挙げ句の果てには「逃げるのか?ここで逃げたら一生逃げ続けるぞ」と言わた一言は今でも忘れられないくらい胸に突き刺さり、思わず悔し泣きしてしまった程です。しかし、結果的にタイに留学することが決まり、僕の人生は根底から覆されたのです。今回の記事は僕のダメダメな部分をさらけ出すという趣旨なので、タイ留学時代の話はまたいつか書きたいと思います。

メンタル異常?大学時代

a1180_009969
留学のおかげで、やりたいことも見つかり、大学時代は好きなことに没頭しました。しかし、根本的なメンタルの弱さはいっこうに治ることもなく、少しでもストレスがたまると消化器官がやられてしまうのが常でした。サークルで少し責任ある立場をまかされたとき、空腹時に胃が痛み、朝方、お腹の痛みで目覚める日が続きました。当時つき合っていた彼女の薦めで病院に行き、人生で二度目の胃カメラを飲んだ結果、痛みの原因は十二指腸潰瘍だと判明しました。生活習慣の乱れもあったと思います。でも、これは僕の考えすぎる性格が確実に消化器官を蝕んでしまったのは間違いありません。

それから、タイ好きが度を過ぎてしまって、在学中にタイで出家しようと思い立ちます。タイの男性は一生に一度は出家します。タイ人の90%以上が仏教徒で、タイ人を理解するには出家して仏教を学ぶべきだと思ったからです。諸事情により、出家はできませんでしたが、3週間程、タイの田舎のお寺で修行を積むことができました。ここでの生活が、僕の人生で最も幸せな時間だったのですが、お寺から現実世界に戻ってきたときに、理想と現実のギャップに苦しむことになりました。お寺では、人の悪口や汚い言葉なんて御法度だったのに、現実の世界ではコミュニケーションの手段としてそんなのが当たり前。小さなストレスが積もり積もって、僕はパニックをおこしてしまったのです。このとき、タイの病院に行ったのですが、数値的な異常は何も見つかりませんでした。日本に帰ってからも、同じような症状に悩まされましたが、病院に行ったら終わりだと思い、耐え続けました。おそらくパニック障害だったのだと思います。

もうひとつのダメダメエピソードは、就職活動でのこと。僕が就職活動をした年は、ちょうどリーマンショックの年でした。前年までは、先輩たちが有名企業から内定をバンバンもらっていたのに、僕の年から様子が一転、売り手市場から買い手市場へと変わったのです。僕の友人で、何人か就職浪人した人もいました。僕は、東京で就職活動を始めてすぐに一社から内定をもらい、この調子なら志望する業界の大手に滑り込めるだろうと調子に乗っていましたが、結果、全て不採用になりました。就職活動を始めて3ヶ月程経った頃、またもや胃腸の調子が悪くなり、面接する会社の花壇に嘔吐してしまったこともあります。結局、この出来事をきっかけに、もうこれ以上は無理だと思って就職活動を辞めました。それから、最終選考の結果待ちだった会社から内定の連絡があり、特別行きたかった会社ではありませんでしたが、何かの縁かなと思ってそこに入社することにしました。

2度目のどん底、社会人

a1180_007520
僕は、この会社で絶対に海外駐在員になって海外でバリバリ働いてやるという目標がありました。しかし、言い渡された部署は海外とは縁遠い部署でした。なので、3年働いて海外に行けそうになかったら、給料が安くてもいいから現地採用の口を探そうと決めていました。ただ、研修先での仕事や配属された部署の仕事もなかなか面白く、学んだことも多かったです。

そうして3年が過ぎた頃、大学時代の仲の良かった友人は海外での駐在が決まり、おまけに後輩までにも抜かされていくようになり、僕は焦り始めました。また心が病み始めたのです。「このままでいいのか?」こんなことを考え始めるようになってからは、夜あまり眠れなくなり、朝ご飯が食べれなくなり、会社のデスクに着くや否や脂汗が出たり、動悸、吐き気やめまいがするようになりました。会社の上司や先輩たちには気づかれないように、トイレに行ったり喫煙所に行ったりして、だましだましやっていましたが、このままでは会社に迷惑がかかると思って、ついに退職したい旨を伝えたのです。表向きは、「海外で活躍したいから退職する」という理由でしたが、精神的に仕事を続けて行ける自信が無くなっての決断でした。

この頃、初めて心療内科に3ヶ月程通いました。通ったと言っても2週間に一度、薬をもらう程度の軽度のものでしたが。それまで僕は、精神科や心療内科に通うことは、社会不適合者の烙印を押されるような気がして怖かったのですが、意外と日本中で心の病に苦しんでる人が多いことを知りました。このとき、自己啓発本やセラピストのブログを読み漁っていて、すごく救われました。このブログの『Bucket List』人生でやりたい100のリストでも書いているのですが、ひすいこたろうさんや尾崎里美さんに会ってお礼が良いたいと思っています。

ピンチはチャンス??

IMG_0111
以上、我ながらダメだな自分!と思うエピソードでした。これ以外にも、ダメダメエピソードはわんさかありますが、ここで書いてるエピソードが僕という人間を形作る試練となりました。振り返ってみると、高校時代の挫折からタイ留学に踏み切ることができましたし、社会人時代のどん底のおかげで、フィリピン留学、そしてワーホリでオーストラリに来る事ができました。順風満帆な人生とは言えませんが、ピンチの次はチャンスがやってくるみたいです。わかっていても、ピンチの時はとことん落ちてしまいますが…。いろんな自己啓発本で書かれている「ダメな自分にOKを出してあげること」「自分を認めてあげること」が幸せの原点ということで、恥ずかしながら、自分のダメな部分をさらけだしてみました。

『あなたに欠かせない点と書いて欠点。欠点こそ個性なんです。byひすいこたろう』

自分の欠点のおかげで今ここにいることができる。そうじゃなければ今ごろ、盲目的に、大人たちが正しいと言うレールを踏襲していたことだろう。たった一度の人生、どうせ死ぬなら思いっきってやって死にたい。そう気づけた僕は、めちゃくちゃ幸せ者なのかもしれません。

 - オーストラリアでワーホリ, 近況 , , , ,

ad

ad

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

  関連記事

a0002_003051
タックスリターンはオンラインが便利!うだうだ悩んでないでEzy Tax Onlineで申告代行してもらいましょう。

オーストラリアでワーキングホリデー中のみなさん、タックスリターン(所得税の申告) …

a0790_000374
ワーホリで長期滞在するならマリーバをオススメしたい4つの理由

こんにちは。 マリーバに来てから5週間が経ちました。僕がこの街に来た当初、マリー …

IMG_0229
【マリーバの見所】マイナーだからいい。North Queensland Gold Coffeeに行ってきました。

こんばんは。 オーストラリアのマリーバという田舎街でワーキングホリデー中のしょー …

file0001308168272
自力でワーホリ!渡豪後にやること

こんにちは。 今日はチキンファクトリーの仕事はお休みです。今週はトレーニング期間 …

DSC_0177
カーテンフィグツリーとカテドラルフィグツリー

今日はいい天気だったのでシェアメイトとドライブしてきました。 どうも、オーストラ …

IMG_1525
ワーホリ6ヶ月のお金の話。出稼ぎワーホリもありっちゃあり。

どうも、オーストラリアでワーキングホリデー中の出稼ぎ中のしょーへー@shoufu …

a1180_011304
オーストラリアで出稼ぎしたい人必見!チキンファクトリーなら3ヶ月で100万円!!

チキンファクトリーで働き始めて15週間が過ぎました。 どうも、オーストラリアのマ …

IMG_2199
タイで働くってこんな感じ。現地就職1週間で感じたカルチャーショック。

タイで働き始めて一週間が過ぎました。 僕は高校時代の留学も含めてタイには10回以 …

IMG_0451
【マリーバの見所】ケアンズ近郊で美味しいコーヒーが飲みたかったらここ。コーヒーワークスのご紹介。

昨日、『ワーホリで長期滞在するならマリーバをオススメしたい4つの理由』について書 …

a0001_010159
会社を辞めたから見えた世界

こんにちは。今日のマリーバは久々に雨。こんな日はブログを書くに限ります。 思えば …