まいさいぱくちー

日本で就職→仕事辞めてフィリピンで英語の勉強→オーストラリアでワーキングホリデー→タイで現地就職(←いまここ)

タイ・プーケットでダイビングのライセンスを取得しました!

   

オーストラリアでのワーキングホリデーを終えてタイのプーケットでホリデーしてきました。

プーケットとは世界有数のリゾート地として知られるタイ最大の島です。

今回、僕はプーケットでダイビングのライセンスを取りました。ライセンスを取得するまでの内容や、どこのダイビングショップを使っていくらかかったかなど紹介したいと思います。

日系ダイビングショップ『ほうぼう屋』

IMG_1845ほうぼう屋という日系のダイビングショップにお世話になりました。

こちらのお店を選んだ理由は、友達の友達がこちらでインストラクターをしていたから。おそらく、探せばもっと安いライセンス取得コースもあると思いますが、こうした縁を大事にしたいと思い、ほうぼう屋さん一択でした。

日本語で取得できるというメリットもありますし、個人的にタイ在住の日本人に興味があるというのも大きな理由です。

ライセンスの種類

IMG_1922ダイビングのライセンスにも様々な種類がありますが、PADI(パディ)というダイビング指導団体のライセンスでは、まずオープンウォーターダイバーのライセンスを取得しなければなりません。いわゆるCカードと呼ばれるものです。このライセンスを持っていれば監督者なしでダイビングをすることができます。

僕はまず3日間かけてオープンウォーターのライセンスを取得しました。しかし、このライセンスでは水深18メートルまでが限度です。それ以上潜るとなると、更に上のライセンスが必要になります。

おそらく受講されると感じることかと思いますが、講習中に18mまで潜ると、もっと潜りたい!という気持ちが湧き上がります。僕は勢いそのままに二日間かけて更にレベルアップできるアドバンスドオープンウォーターのライセンスも続けて取得しました。このライセンスでは最大で30mまで潜ることができます。

そのほかにレスキューダイバー、ダイブマスターなんてのもあります。

正式なライセンスカードが手元に届くまでは、上の写真のテンポラリーカードを使うことになります。

値段(1バーツ=3.6円で計算 2014.11.28時点)

a0001_000130ホームページにも記載されていますが、今回僕が選んだコースはオープンウォーターダイバー取得宿泊パック(4泊5日の宿泊込みパッケージ)というコースで19,300バーツでした。日本円で約7万円。タイでのライセンス取得は日本より安いと言われていますが、けっこう高かったです。

というのも、こちらのコースでは空港までの送迎があったり、快適なコンドミニアム(下の写真)に泊まれることもあり通常のコースよりも高いんです。因みに空港からほうぼう屋さんまで自分でタクシーを拾っても片道800〜1000バーツほどかかります。

スタンダードコースというショップ併設のドミトリーに泊まれば12,000バーツ(約43,000円)でライセンスが取得できます。こちらにすれば、ライセンス取得後のファンダイビング代に回せたと思うと、ちょっと後悔しています。

IMG_1835

続いて、アドバンスダイバーコースに12,500バーツかかりました。その間、ドミトリーに一泊したので更に250バーツの宿泊費がかかっています。

というわけで、プーケット国際空港に到着してからアドバンスコース終了までの6日間、かかった費用は夕食代なども含めると約33,000バーツ(118,800円)です。

もっと安いかと思っていましたが、そもそもバーツが高くなっているので、安くライセンスが取得できるというのは過去の話なのかもしれません・・・。

コース内容

ざっくりと写真で様子を紹介します!
IMG_1974

初日の午前中はビデオや教科書を使っての座学です。テストがあるので気は抜けません。

IMG_1798

午後からはプールで講習。機材の使い方や、水中でのマスク脱着など、まずは水中に慣れる練習を行いました。

IMG_1847 二日目、三日目はいよいよ海での実習です。ビーチかボートから潜水していく実習になるそうですが、運良く僕は二日ともボートからの潜水でした。ボートからの潜水だと透明度の高いラチャヤイ島周りで講習を受けることができます。

IMG_1898

ふざけているわけではありません。ホバリングと呼ばれるテクニックで、水中をふわふわ漂うトレーニング中です。

IMG_1901

講習中ですが楽しみは忘れちゃいけないです。魚の群れに大興奮でした。この時すでにダイビングの魅力にとりつかれてしまい、レベルアップのコースを受講した次第です。

IMG_1913

こちらはアドバンスドウォーターでの一幕。魚の絵を描いて、講習後に図鑑を使って魚の名前を調べたり、なんて科目もありました。

まとめ

IMG_2469僕が今回お世話になったほうぼう屋さんですが、スタッフさんたちがフレンドリーで、担当してくださったインストラクターさんは懇切丁寧に教えてくれました。ダイビングが大好きだ!と顔に書いてあるような方で、僕まで楽しくなりました。値段も重要ですが、どんな国や海で、どんな人たちに教えてもらえるのか、こちらの方が重要だと思います。

ベテランさんには人生相談にのってもらったり、オーナーさんにスカウトしてもらったり笑。居心地がいいのでつい長居してしまいました。こちらのお店では半年間の無料研修プログラムでダイブマスターになれるそうで、本当にこのままダイバーになろうかと迷ったくらいです。

なんとなくプーケットに行くならダイビングのライセンスでも取ろうと思って始めたのですが、こんなにハマると思いませんでした。ダイビングのライセンスを持っていると海外旅行がもっとおもしろくなるんじゃないかなとも思っています。今後はしばらくタイに住むので、タイのいろんな海に潜りに行きたいなーなんて妄想しているところです。

ファンダイビングの動画を撮ってみました。プーケットの海は本当に気持ちよかったです。

 - タイ ,

ad

ad

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

  関連記事

IMG_3028
【シラチャカフェ情報】Sawasdee Coffee に行ってきた。

シラチャのカフェ情報をお届けします。 シラチャは半径2キロ程度にほとんどのサービ …

IMG_2114
タイのタクシー運賃ぼったくり騒動がやかましい件

最近、タイのタクシー運賃ぼったくりについて騒がしいです。 きっかけはとある日本人 …

afs-01
AFSって知ってますか?僕が高校時代にタイに留学したときの話。その1

こんにちは。 今週から台湾人3人と香港人1人のシェアハウスに引っ越し、ワーホリラ …

23789_109386369076130_5498682_n
僕の恋タイ遍歴

こんばんは。 まさかのLINEアカウントが乗っ取られるという事件に遭遇してがっつ …

image1 3
キリがいいのでブログリニューアルしました。

いつもブログを読んでくださりありがとうございます。 ブログを始めて今月で1年にな …

a0800_000896
AFSって知ってますか?僕が高校時代にタイに留学したときの話。その2

前回の投稿では僕が留学した団体のAFSを紹介しました。 AFSって知ってますか? …

168990_200962839918482_6720088_n
AFSって知ってますか?僕が高校時代にタイに留学したときの話。その4

タイ留学の振り返りシリーズ最終章です。最後に、帰国後の事について振り返ってまとめ …

IMG_2199
タイで働くってこんな感じ。現地就職1週間で感じたカルチャーショック。

タイで働き始めて一週間が過ぎました。 僕は高校時代の留学も含めてタイには10回以 …

182222_200963976585035_5647582_n
AFSって知ってますか?僕が高校時代にタイに留学した話。その3

いよいよタイ留学記のメインです。10ヶ月の留学を振り返ってみます。 前回までの記 …

IMG_2829
タイ人女性に同情したくなる不都合な真実

先日、同僚のタイ人女性とランチに行ったとき、こんなことを聞かれました。 「日本に …