まいさいぱくちー

日本で就職→仕事辞めてフィリピンで英語の勉強→オーストラリアでワーキングホリデー→タイで現地就職(←いまここ)

自力で楽しむケアンズ(ときどきマリーバ)観光−その3

      2014/10/19

ケアンズ(ときどきマリーバ)旅行記の最終回です。

最終日は、ずっと前から乗ってみたかった熱気球、そしてグレートバリアリーフ観光です。

あれは高校のときでした。地理の教科書で、世界最大の珊瑚礁「グレートバリアリーフ」の写真を見たとき、死ぬまでにぜったい行ってやると胸に誓って10年。

まさか自分がオーストラリアにワーキングホリデーに来て、彼女と訪れることになろうとは夢にも思いもしませんでした。

それではどうぞ。

熱気球ツアー。なぜマリーバなのか?

mareeba現在僕が住んでいるマリーバという街は、「年間300日は晴れ!」ということで、熱気球ツアーの発着地として有名です。

「オーストラリア 熱気球」と検索すると、ケアンズ熱気球ツアーのような結果がたくさん出てきますが、正確にはケアンズから送迎車に乗ってマリーバまで行き、マリーバ上空を飛行します。

DSC_0009少し話しはそれまして、ケアンズでの観光と言えば、キュランダ、グレートバリアリーフが有名ですが、時間に余裕のあるツアーになると「アサートン高原ツアー」なるものが紹介されています。

アサートン高原とはケアンズから西側に車で1時間半程のところにある標高600〜1100mくらいの高原地帯のことを指します。広範囲に及ぶアサートン高原の特徴は、北・西側はサバンナのような景色、南・東は熱帯雨林に覆われているというふたつの顔を持ったおもしろいところです。

IMG_1204マリーバはこのアサートン高原の中でもサバンナ地帯にある街でして、熱気球から360°パノラマの雄大な大地を眺める事ができます。

晴天率の高さ、サバンナの大自然、ケアンズからのアクセスの良さ、この3つの理由によって、マリーバが熱気球ツアーの発着地として選ばれたのだと思います。

Hot Air社が催行しているツアーで235ドルと、ちょっと値は貼りますが、ケアンズ観光で絶対に外して欲しくないアクティビティです!

スケジュールや、予約の方法など、以前の記事で詳しく書いていますのでご参照ください。

【マリーバの見所】空中散歩とはこのことか!熱気球に乗ってきました |【マリーバの見所】空中散歩とはこのことか!熱気球に乗ってきました |

 

 

 

グレートバリアリーフ観光!!

14985031781_8b48b4e1ed_zグレートバリアリーフ観光は大きく分けて3パターンあり、①グリーン島ツアー②アウターリーフ(ポンツーン)ツアー③グリーン島&アウターリーフツアーです。

グリーン島とはグレートバリアリーフの珊瑚礁の砂が積もってできた島の事で、定番の観光スポットです。

アウターリーフとは、ケアンズ沖合の外洋に面した珊瑚礁のことで、ポンツーンと呼ばれる人口の浮き島からダイビングなどのアクティビティが楽しめます。

ビーチでのんびり過ごしたい方はグリーン島へ、ダイビングをしたい方はアウターリーフへ、時間のある方はどっちも行っちゃう、こんな感じかと思います。

グレートアドベンチャーズ

14988121795_7c758fb245_z「自力で行く」と題して書いてきましたが、グレートバリアリーフへはツアー会社を通さないと行けません。様々な会社がありますが、グレートアドベンチャーズという会社のアウターリーフツアー(大人218ドル)に決めました。

理由①ダイビングがしたい
台湾人のシェアメイトに相談したところ、グリーン島はあまりきれいではないと教えてくれました。因みに、グリーン島の海は遠浅のため、ダイビングはできません。アウターリーフの方が透明度も高く、ダイビングは絶対にしておけ!という事で、グリーン島ツアーはパスしました。

理由②出航時間
アウターリーフへ行くことが決まりましたが、調べてみるとどの会社のツアーも出航時間が8:30とかで朝早いんです。熱気球ツアーを終えて、マリーバから車でケアンズの港へ行くとなると、どんなに頑張っても到着が9:30ぐらいになってしまいます。これでは間に合いません。ところが、グレートアドベンチャーズのツアーだと10:30出航!これはナイスタイミングです。

という訳で、アウターリーフでダイビング&出航時間が決め手となり、グレートアドベンチャーズのツアーに参加することにしました。

グレートアドベンチャーズ : グレートバリアリーフ と グリーン島 クルーズとツアー グリーンアイランド GBR ケアンズ オーストラリアグレートアドベンチャーズ : グレートバリアリーフ と グリーン島 クルーズとツアー グリーンアイランド GBR ケアンズ オーストラリア

こちらからネットで予約できます。僕は彼女が来る前日にリーフリート・ターミナルにあるカウンターで直接予約をしました。その際、「ちょっと天気が心配…もし雨だったら行かないかも」と話したところ、今予約だけしておいて、支払いは当日でいいよ」とのことでした。

というわけで、当日の天気でツアーに参加するかしないか決めることができます。後で書きますが、グレートバリアリーフ観光は天気がとっても大事です。

1 Spence St
Cairns QLD 4870

スケジュールに沿って解説

出発
DSC_005610時までにカウンターでチケットを購入し、10:30の出発を待ちます。

そして乗船。

えー、かなり揺れました。船酔いで体調を悪くされるお客さん多数。幸い僕たちは平気でしたが、乗船前に酔い止め薬を飲んでおくことをオススメします。

それから、船内は冷房が効きまくってますので、パーカーなど上着は必須です。

グリーン島到着
DSC_005711時頃、グリーン島に着きました。アウターリーフツアーのみでも、一度グリーン島で停泊し、グリーン島ツアーのお客さんを下ろします。写真はグリーン島周辺でグラスボトムボート(船の底がガラスになっている)で珊瑚や魚たちを鑑賞している乗客たちです。

ここで注意!ポンツーンに到着するまでの間、船内のスタッフがアクティビティの売り込みをしています。そう、船内で予約です。僕たち、余裕をかましすぎて、グリーン島を出発したぐらいのタイミングでスタッフに話かけたら、「ダイビングは今予約しないと間に合いませんよ!」となんだか半ば脅され気味で焦りました(ネットでは現地到着時に予約できるみたいな事が書いてあったんだけどなぁ…)。

支払いや注意事項のガイダンスがあるので、乗船後なるべく早めに予約しておきましょう。体験ダイビングはツアー料金から更に152ドル追加でかかりました。

ポンツーン到着
DSC_0067

DSC_007612:20頃に到着。エメラルドグリーンの海がお出迎えです!

ダイビングをする人はウェットスーツを借りられるので、先に着替えてシュノーケリングへ。ポンツーン周辺を軽く泳いでみました。

14985056311_80e8e70fa6_z-2シュノーケリングって、足がつく浅瀬を泳ぐイメージがあったんですけど、めちゃくちゃ深い場所でした。いや、「深い」というか「高い」と感じて実はちょっとパニックをおこしそうでした笑。ライフジャケットは必須ですね。フィンやゴーグルも無料で借りられました。

昼食&船内の散策
DSC_0075ひと泳ぎしてから昼食です。ツアーにはビュッフェ形式のランチがついていて、食べ放題。写真はとってませんが、ビーフカレーが美味しかったです。

また、ポンツーンには海中展望室があるので、泳がない人でも海中の様子を楽しめるかと思います。
DSC_0077

DSC_0082

スクーバドゥーという水中スクーターに乗るアクティビティ。ダイバーさんがバランスをとってあげてるのかな?なんだか興ざめしてしまうのはきっと僕だけではないでしょう…。

いよいよダイビング!

ダイビングと言っても、僕たちはライセンスを持っていないのでインストラクターの方と一緒に泳ぐことになります。まずは日本人のインストラクターの方から簡単なレクチャーを受け、いざダイブ!

耳抜きをしながらゆっくりと海中へと進んでいくと、月並みな言葉ですがそこは魚たちの楽園でした。

14801471590_4f6b2ff646_z

14801529388_bff200a708_zツアー終了時に写真データを購入し、そこにサービスで入れてくれたデータです。当日のものではないですが、まさにこんな感じでした。
10分程泳いだあたりでしょうか、グレートバリアリーフの名物、ナポレオンフィッシュにも出逢えました!!

14965160206_f2bebafb96_z

でか過ぎて写真からはみ出てしまってます。ナポレオンフィッシュはグレートバリアリーフの固有種だそうで、大きい体からは想像できないほど人懐っこい魚でした。自分から近寄ってくるんですよ彼は。

ダイビング時間は確か40分。以前、漫画か何かで見たのですが、主人公のダイバーが「このまま水上に戻るのは辞めようか…」と躊躇うシーンを思い出しました。このまま海の中にいれたら…タイムリミット間近に、なんとも不思議な感覚に包まれてしまいました。

感想(本音です)

念願叶って大満足!と言いたいところですが、本音ベースで書きますと…時期が悪かったかなと。いくらケアンズが温暖な気候とは言え、冬ですからね。やっぱり寒かったー!!ポンツーンでは暖をとれる場所がないので、シュノーケリング、ダイビング後はぶるぶる震えてましたもん。曇ったときなんて、もうダイビングはいいから帰りたいという気持ちをぐっとこらえてました笑。

帰港、ナイトマーケットへ

ホテルから歩いてナイトマーケットへ。夕暮れ時、ケアンズの海沿いはほんと気持ちいいです。老後にでもまた来て散歩したい。

IMG_0893

ナイトマーケットはワーホリで来てるアジアンがたくさん働いていました。日本人のワーホリの方と少しお話しましたが、しっかりと接客をされていて、自分にはできないなーなんて思ったり…。

IMG_1252

夕食はヴィラ・ロマーナというイタリアンで。リゾットが美味しかったです。

IMG_1255

最後はかなりはしょりましたが、気球からのグレートバリアリーフは我ながらナイスチョイスでした。うん、満喫しまくった。

翌日、彼女を空港まで送って今回の旅行は無事に幕を閉じました。

3泊4日ケアンズ旅行のまとめ

IMG_0898アバウトな計画でスタートしたケアンズ観光ですが、期待を遥かに上回ってくれました。もうありとあらゆる自然を満喫できましたもん。

スカイレール&鉄道(森)、ドライブ(陸)、熱気球(空)、グレートバリアリーフ(海)、あとはケアンズの土ボタル(洞窟)でも見たら自然まるごと制覇できたんじゃないでしょうか。

最後に、彼女にどこが一番良かったか感想を聞いてみたところ、世界遺産のグレートバリアリーフでもキュランダの森でもなく、熱気球だとのこと。実は僕も熱気球が一番思い出に残りました。

という訳で、まだ行ったことのないという方は、ぜひぜひケアンズまで(マリーバも!)遊びに行ってみてください!

それでは!

 - オーストラリアでワーホリ, ケアンズ, マリーバ, 近況 ,

ad

ad

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

  関連記事

a0002_000151
元採用担当者として就活生に伝えたいこと

こんにちは。 最近、ブログを書いていて思うんですが、ビザの取り方とか仕事の見つけ …

DSC_1118
オーストラリアにワーキングホリデーに来てもジモッティーとは友達になれない?

こんばんは。オーストラリアのマリーバという田舎街でワーキングホリデー中のしょーへ …

a0002_006864
ワーホリ3ヶ月の収支状況。出稼ぎに来た訳じゃないけど、チキンファクトリーの稼ぎが半端ない件。

こんにちは。 毎月の恒例行事、僕のお財布状況を公開する日がやってきました。 エー …

DSC_0098
【マリーバの見所】ここを知らずしてオーストラリアのコーヒーは語れません!コーヒー農園のパイオニア、スカイバリーに行ってきました。

こんばんは。 先日、Twitter経由でスタバがオーストラリア事業から撤退すると …

IMG_0226
マリーバのファームジョブ状況

ワーホリ大移動の季節がやってきました。 どうも、オーストラリアのマリーバという田 …

DSC_0230
【マリーバの見所】知る人ぞ知るおもしろスポット。マリーバゴルフ場で非日常を体験しよう!

こんにちは。 今日はおそらくガイドブックにも載っていないであろうマリーバのおもし …

IMG_0373
27歳の決意表明

こんにちは。 今日で27歳になりました。僕にとって、26歳は転機の年でした。会社 …

DSC_0177
カーテンフィグツリーとカテドラルフィグツリー

今日はいい天気だったのでシェアメイトとドライブしてきました。 どうも、オーストラ …

images-1
オーストラリアでラウンドトリップを考えている人が見ておくべき映画

30,000人。 さてこの数字の意味するところは何でしょうか?? 正解は、 オー …

a1180_010170
フリーWi-Fiスポットと通信速度

こんばんは。 今日はマリーバのネット事情について書いてみます。オーストラリアの地 …