まいさいぱくちー

日本で就職→仕事辞めてフィリピンで英語の勉強→オーストラリアでワーキングホリデー→タイで現地就職(←いまここ)

ワーホリ最大のピンチ!ハイウェイ走行中に車内に煙が・・・!!

      2014/11/18

こんにちは。

本日2回目の投稿です。というのも、今日、ハイウェイを走行中に車内に煙が充満するというアクシデントがおこりまして…。これはネタにするしかないと思って、アクシデント発生から救出劇を物語にしてみました。

14:00前 『出発』

IMG_0356
昼ご飯を食べ終わって、ハンモックに揺られながら眠りに落ちる寸前。

キャラバンパーク内の水まきをしているおじいちゃんから「ちょっと水まくから車どかしてくれんかい?」とのお願い。

オッケー、そしたら車出すついでにちょっとドライブがてら、前々から行きたかった郊外のカフェにでも行くことにした。

14:00 『あ、死ぬかも。アクシデント発生!』

IMG_0475
マリーバ市内を抜けてケネディハイウェイに入る。速度は時速60キロから80キロ、そして100キロに到達。快晴の空の下、ビレバンの音楽を大音量で聞きながらのドライブはなんて気持ちが良いんだろう。

と、そのとき。

音楽が聞こえにくくなったと思ったら、テレビの砂嵐のような音に変わり、突然の爆発音。

「ボフッ!!!」

まさにこんな音だった。爆発音と同時に、車内に煙が立ち上り、あっと言う間に視界が遮られて行く。バックミラーには後続車が映っている。

「これは死ぬかもしれない」一瞬にして最悪の事態が脳裏をよぎった。

慌ててウィンカーを出して減速、「エンジントラブルの際はまずエンジンを切る事」ペーパードライバーなりに運転前にネットで予習しておいたトラブル対策を思い出し、急いでエンジンを切った。

なんとかハイウェイ脇に車を止める事に成功したが、車が止まったときには、車内に煙が充満していて足下には高温の蒸気のようなものが素足に触れる感覚があった。そして車内から脱出し、しばし呆然とする。

一体何が起きたんだ??

「助かった」という安堵とともに、自分の手足が震えていることに気がついた。

しばらくして煙がおさまったことを確認し、車の知識は全くないが、とりあえずボンネットを開けてみた。当然だが、僕には全く事態が掴めない。もう一度車内を確認すると、助手席の足下には緑の液体が溜まっていた。

ますます意味不明だ。

14:07 『救援要請』

IMG_0487
実は、一昨日からエンジンのスタートがかかりにくくなっており、整備場を訪ねていた。バッテリーに問題があるのかと思いきや、整備士も詳しくチェックしないとわからないという事で、来週に整備点検の予約をいれておいたのだ。

その際、整備場の名刺をもらったのを思い出し、藁にもすがる気持ちで電話をかけてみた。すると、「RACQ(ロードサービス)に電話して」となんとも冷たい反応。

まあ確かにそうだな。そのときは気が動転していたのですっかり忘れていたのだが、車を購入したときにRACQのメンバーシップに加入していたことを思い出し再度電話で救援を試みた。

機械の音声案内から、オペレーターにつながり、つたない英語で状況を説明。オペレーターさんも辛抱強く僕の訴えを聞いてくれ、「少し時間はかかるけど待ってて」という言葉に、僕は電話越しに神か仏の姿を見たのであった。

14:39 『本当に来てくれるのか・・・?』

IMG_0473

電話から30分はたっただろうか。

待てども待てどもRACQの車はやってこない。通り過ぎるドライバーたちが好奇の目で僕を見ていく(気がする)。

広大な大地に燦々と降り注ぐ日差しが更に僕の不安をあおる。

しかし、反対にこの状況を楽しめる自分がいたのだ。これはブログのネタになるなと。ブログの副次的効果とも言うべきか。

すっかり平常心を取り戻した僕は、この状況を写真におさめ始めた。

14:47 『ヒーローは遅れて登場するもの』

IMG_0477ハイウェイの向こう側から一台のトラックがウィンカーを出して近づいてきた。ついにRACQのお助けマンがやってきてくれたのだ!

トラックから降り立ったドライバーはグラサンの似合う如何にも整備士って出で立ちである。僕にはヒーローにしか見えなかった。

ここでも僕は電話で話した状況をもう一度説明し、まず聞かれた事は「水温系はどうなってたか?」。全く気にも留めていなかったが、どうやら冷却系のトラブルであることがわかった。これが、いわゆるオーバーヒートというやつなのだろうか。

ドライバーは慣れた手つきで僕の車をトラックに乗せ、「乗りな!」の合図とともに彼の運転するトラックの助手席に飛び乗った。

14:57 『やっぱりあなたか』

IMG_0484僕の車を乗せたトラックは、整備場へと出発した。ものの10分程でついたのだが、来るときに何であれだけ時間がかかったのかはつっこまないでおこう。

そしてついた整備場はやっぱり...昨日、一昨日に訪れた場所、そしてトラブル時に電話をかけた整備場だったのだ。

受付のおばちゃんはちょっぴり笑顔を溜め込んでこちらに向かってきた。

僕は苦笑いを浮かべながら一言放った。

「Finally!」

これにはおばちゃんも笑ってくれた。

そして、今日中に修理するのは厳しいから明日受け取りに来てとのこと。

来週の整備予定が予想外の展開で前倒しとなる結果となったのであった苦笑。

あとがき

ワーホリメーカーが乗る車は基本、中古車です。古い型式で走行距離は20万キロ越えが当たり前。僕はガムツリーを使って、96年製・総距離約20万キロの三菱車を2,000ドルで購入しました。ですので、壊れるのが当たり前と思ってロードサービスに加入していたのが功を奏しました。悪い事は言いません。ワーホリに来て車に乗るなら、ロードサービスに加入しておいた方がいいです。僕はネットでRACQのメンバーに加入しましたが、お値段162ドルでした。決して安くはありませんが、僕のように車に疎い方は特に必要かと思います。

今回のトラブル、僕の中では急死に一生スペシャルばりの経験となりましたが、既に笑い話です。いろんな人に馬鹿話としてシェアしたくてたまりせんw そんなとき、ブログで自分史としても記録できるし、いろんな人におもしろ体験をシェアできる。ワーホリとブログって相性いいなーと感じたのでした。

それでは!

 - オーストラリアでワーホリ, マリーバ, ワーホリお役立ち情報, 近況 , ,

ad

ad

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

  関連記事

DSC_0230
【マリーバの見所】知る人ぞ知るおもしろスポット。マリーバゴルフ場で非日常を体験しよう!

こんにちは。 今日はおそらくガイドブックにも載っていないであろうマリーバのおもし …

a0790_000374
ワーホリで長期滞在するならマリーバをオススメしたい4つの理由

こんにちは。 マリーバに来てから5週間が経ちました。僕がこの街に来た当初、マリー …

IMG_1726
ワーホリ総収支!7ヶ月間はボーナスステージだったと思う。

どうも、タイのプーケットでダイビングのライセンス取得中のしょーへー@shoufu …

IMG_0407
オーストラリアのワーキングホリデーで使うべき銀行はどれ?

オーストラリアでワーキングホリデーをする人ってどの銀行を使えばいいんでしょう?? …

IMG_1293
オーストラリアは確かにハッピーな国。ある条件を充たせばの話だけど。

オーストラリアは世界一ハッピーな国らしいですよ。 どうも、オーストラリアのマリー …

IMG_1329
グローバル化=英語力という思考停止な僕たちへ

どうも、オーストラリアのマリーバという田舎街でワーキングホリデー中のしょーへー@ …

DSC_0045
【マリーバの見所】蟻塚ありコーヒーありマイクロフライトあり。ジェイクスコーヒープランテーションに行ってきました!

マリーバと言えばコーヒー!オーストラリアで飲まれているコーヒーの実に7割はマリー …

IMG_1095
自力で楽しむケアンズ(ときどきマリーバ)観光−その2

彼女と行く3泊4日のケアンズ(ときどきマリーバ)旅行記の続きです。 1日目はキュ …

14698646818_ef6f3fecb9_z
ワーホリ4ヶ月の振り返り。オーストラリアに来る前と比べて変わった5つのこと。

オーストラリアに来て早4ヶ月が過ぎました。 どうも、オーストラリアのマリーバとい …

IMG_1144
ワーホリ4ヶ月の収支状況。旅行で散財、チキンファクトリーでがっぽり!

4ヶ月目は支出も収入も多くて感覚がマヒしてます。 どうも、チキンファクトリーで鶏 …