まいさいぱくちー

日本で就職→仕事辞めてフィリピンで英語の勉強→オーストラリアでワーキングホリデー→タイで現地就職(←いまここ)

AFSって知ってますか?僕が高校時代にタイに留学したときの話。その1

      2014/10/19

こんにちは。

今週から台湾人3人と香港人1人のシェアハウスに引っ越し、ワーホリライフの新たな1ページがスタートしました。快適なネット環境も手に入ったし、ブログもしっかり更新していきたいと思います。

さて、今日はタイトルの通りAFSと高校時代のタイ留学を振り返ってみました。かなり長くなりますので、4回に分けて投稿する予定です(その1:AFSについて、その2:留学するまでの経緯や動機、その3:タイ留学の回想、その4:帰国後のこと)。

1.AFSとは?

afs-01

AFSとは、高校生の交換留学を主な活動とした、国際教育交流団体。高校生交換留学制度としては1947年開始と世界で最も歴史が古く、世界50カ国以上にネットワークを持っている(2014年現在)。本部はニューヨーク。 ホストファミリー、留学生のサポート、オリエンテーションの運営など、主な活動がボランティアによって支えられている非営利組織である。

AFSの名はAmerican Field Service(アメリカ野戦奉仕団)に由来しており、悲惨な戦争の結果である傷病兵の救助活動から、戦争を起こさないための活動へと転じたことで、交換留学制度が発足した。

引用元:Wikipedia

一般的な私費留学では「自分の興味のある分野や技術を習得すること」を目的としていますが、AFSの交換留学は「現地の10代の生活を体験し、異文化理解を深めること」を目的としています。

日本では他にもロータリーやYFUといった高校生の交換留学を通して異文化交流を促進する団体がありますが、AFSを知っている人は本当に稀だと思います。

このAFSでの留学経験者で有名な方と言えば、前広島市長の秋葉忠利さん歌手の竹内まりやさんなど、AFS留学経験者は分野を問わず各界で活躍されています。

海外では知名度も高いAFSですが、なぜか日本ではマイナーなのは、留学エージェントが幅を利かせているからだと僕は推測しています。

AFSの魅力

魅力① AFS設立の経緯・理念
afs-02

僕が思うAFSの魅力は、第一次世界大戦中に傷病兵の救護輸送に携わったアメリカのボランティア組織が、もう戦争なんて起きない社会にしたい!って想いで出来たという経緯にあります。

国際交流を通じて平和な社会を築くという理念に、高校生ながら完全にしびれたのを覚えています。

留学を通してできた一生の友がいる国、あるいはホストファミリーとして本当の家族同然として受け入れた留学生の母国と戦争なんてできる訳がないと思ったからです。留学後はこの想いが確信となりました。

魅力② ボランティアによって担われているから留学費用が安い
スクリーンショット 2014-06-29 11.55.31
もう一つの魅力は、この活動がボランティアで成り立っているところです。

留学はエージェントに高いお金を払って行くハードルの高いものだと思われがちですが、AFSならかなり費用が抑えられます。それは、留学生を受け入れるホストファミリーは金銭を受けとらない全くのボランティアだからです。

ホストファミリーの多くが、「自分の子供を異文化に触れさせたい」とか、「自分の子供がAFSで留学したから」等々、理由は様々ですが、ビジネスライクではない分、本当の家族のような関係を築くことができます。

僕が留学したタイなんて、日本人には人気がないので、派遣強化国として年間20万円の留学費の支援があるくらいです。他にもいろんな奨学金制度があって、僕といっしょにタイに派遣された人の中には、タダ同然で留学している人もいました。

魅力③ 現地の生活環境にどっぷり浸かることができる

180394_200962763251823_1624140_n
「高校生」の「交換留学」というプログラムだからこそ意義があります。

これが、中学生だと精神的に未熟で、親元を離れて現地の言語生活に浸りきるには相当のストレスになるはず。

大学生だと、自立ができる年頃だけあって、本当の意味でホストファミリーとの距離を縮めるには大人すぎる。

この「中学生ほど子供ではないけど、自立するにはまだまだ」という高校生での交換留学には計り知れないメリットがあります。

まず先にも書いた通り、ホストファミリーとは本当の家族のような絆ができることがひとつ。

もうひとつは、現地の高校生と同じ学校に通い、同じ授業を受けることで一生の友ができるところが素晴らしい。僕が留学したのはもう10年以上も前のことですが、彼らとは今でもFacebookを通して連絡を取り合っています。

まとめ

AFSソング「Closer To You」(原曲:AFS19期生竹内まりやさんの楽曲「元気を出して」)

AFSは高校生の交換留学プログラムを通して、世界中の若い世代に異文化交流の機会を提供しています。

ここまで書いてきて思ったのですが、「平和を築く」だとか、「格安で留学できる」だとか、なんとも胡散臭い宗教や悪徳商法の匂いが漂ってきますが、全くそんなことないです。ってこんな事書くと余計に胡散臭いのかも笑。

現在、高校生で留学したいと思っている人や、高校生のお子さんをお持ちの方は、ぜひ一度AFSの留学経験者(AFSではリターニーと呼ぶ)と話をして欲しいです。たぶん目をきらきらさせながら留学の体験談を聞かせてくれると思いますよ!

ということで、次回の投稿では、僕が留学するに至った経緯や、何でタイだったのか?ここら辺について触れていきます。お楽しみにー!

それでは!

AFS日本協会HP:http://www.afs.or.jp

高校留学・10代留学のAFS日本協会高校留学・10代留学のAFS日本協会

 - タイ, 未分類 ,

ad

ad

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

  関連記事

fb_icon
Facebookのメッセージ機能に「その他」フォルダがあるって知ってました?

こんにちは。オーストラリアでワーキングホリデー中のしょーへー@shoufu06で …

IMG_2829
タイ人女性に同情したくなる不都合な真実

先日、同僚のタイ人女性とランチに行ったとき、こんなことを聞かれました。 「日本に …

a0800_000896
AFSって知ってますか?僕が高校時代にタイに留学したときの話。その2

前回の投稿では僕が留学した団体のAFSを紹介しました。 AFSって知ってますか? …

APUlogo
立命館アジア太平洋大学が熱い!自分の子どもにも通わせたいと思う大学。

先日、またよしれいさんのブログLast Day.jpで「早稲田大学国際教養学部S …

IMG_2522
シーラーチャーという街をご紹介!こんなところに日本人街が!?

シーラーチャーという街をご存知でしょうか? 今日は旅行者には知られていないこの街 …

IMG_2624
タイで日本ブーム!JAPAN EXPOに行ってきたのでレポートします

タイで日本ブームが来ています。 何でも昨年開催予定だったJAPAN EXPOです …

IMG_1901
タイ・プーケットでダイビングのライセンスを取得しました!

オーストラリアでのワーキングホリデーを終えてタイのプーケットでホリデーしてきまし …

IMG_2199
タイで働くってこんな感じ。現地就職1週間で感じたカルチャーショック。

タイで働き始めて一週間が過ぎました。 僕は高校時代の留学も含めてタイには10回以 …

IMG_2114
タイのタクシー運賃ぼったくり騒動がやかましい件

最近、タイのタクシー運賃ぼったくりについて騒がしいです。 きっかけはとある日本人 …

182222_200963976585035_5647582_n
AFSって知ってますか?僕が高校時代にタイに留学した話。その3

いよいよタイ留学記のメインです。10ヶ月の留学を振り返ってみます。 前回までの記 …